カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

砂丘ラッキョウ甘酢漬け


らっきょうの効能


らっきょうは、古代の医学書にも取り上げられるほど薬効が高いと言われていることから、「畑の薬」ともいわれている食材です。また食物繊維も豊富に含まれており、様々な効能があると言われています。

【お腹の調子を整える】
らっきょうは食物繊維を多く含み、またビタミンB1の吸収を高める働きと、抗菌作用があることから、腸内に発生する有害菌の繁殖をおさえ、腸を整える働きがあると考えられています。

【冷え性の方にも、おススメ】
らっきょうは、ビタミンB1の吸収をよくする作用があるため、保温作用があり全身の血液循環をよくします。

【血液サラサラ】
ラッキョウに含まれる硫化アリルは、血液凝固を遅らせて血液をサラサラにする働きがあります。

※ラッキョウによる効果をお約束するものではございません。
※個人差がありますので、体調に合わせてお召し上がりください。
※たくさん食べると効果が増強されたり、早く効果が表れるものではございません。
 食べ過ぎると、お腹を壊してしまうなど、逆効果になる場合がございますので、体調に合わせて適度にお召し上がりいただくことをおすすめいたします。



鹿児島の砂丘らっきょうの旬の時期は?


砂丘らっきょうの収穫時期は、5月初旬〜6月上旬です。
収穫初期は、成熟より少し前なので芽が伸びやすく、終盤になると成熟が進み過ぎてしまうため、1番のおすすめは、5月上旬から5月末頃がおすすめです!


収穫時期:5月初旬〜6月上旬
おすすめ時期:5月上旬〜末頃



砂丘らっきょうの甘酢漬け



ここでは、もっともポピュラーならっきょうの甘酢漬けのレシピを紹介しています。
カレーライスの付け合わせや、天ぷらやフライなどの揚げ物の付け合わせにおすすめです!もちろん、そのままでお酒のお供にも。自分で漬けたらっきょう漬けは、格別ですよ!最近では、味付けしてある「らっきょう酢」も市販されていますので、便利なラッキョウ酢を利用した「簡単漬け」と、本格的にしっかりと漬け込む「本漬け」のレシピをご紹介しています。お好みに合わせてご覧ください。
季節のものを手作業で拵えると、それだけで暮らしに豊かさが増しますよね。やってみると意外に簡単ですので、ぜひ挑戦してみてください♪


また、らっきょうは甘酢漬けの他にも、おつまみやご飯のお供など、お料理にもおすすめです!赤らっきょうを使ったお料理のレシピも、レシピページに掲載していますので、よろしければ参考にされてみてください!
「赤らっきょうで1品」レシピページは、ここをクリック!

鹿児島県産の砂丘育ちのらっきょうは、シャキシャキで白い宝石と呼ばれる純白のらっきょうです掘れたての新鮮ならっきょうで健康生活


らっきょうの甘酢漬け(簡単漬け)


【材料】

らっきょう(土付き)・・・・・・・3kg
 塩(下処理用)・・・・・・・・・・・50g(ひとつかみ程度)

らっきょう酢・・・・・・・・・・・・・・・1800ml(らっきょうが浸る程度)

(お好みで)砂糖・・・・・・・・・適量、
 (お好みで)赤唐辛子・・・少量


【作り方】

[水でこすり洗いをして、砂と薄皮を落とします。こすり洗いで、薄皮がある程度取れますが、残っていれば取り除いてください。

△劼穏の部分と茎の部分をカットし、塩をまぶして一晩置きます。一晩置いた後、流水で洗って、塩分を取り除きます。たっぷりのお湯を沸かし、らっきょうを10秒程度くぐらせます。(殺菌のため)

すぐにざるに上げ、湯切りします。(ここで、茹で過ぎると、食感を損なってしまいますので、ご留意ください。)

い兇襪里泙淬屬、水分をしっかりと落とし冷まします。

ナ歛犬垢詭封容器を大鍋で煮沸消毒し、冷ました後、Δ里蕕辰ょうを入れます。

Νイ法悗蕕辰ょう酢』を入れます。ひたひたくらいがめやすです。 (砂糖を加える場合は、砂糖と酢を火にかけ、冷ましてから注いでください。)

辛みを付けたい場合は、種を取り除いた赤唐辛子をさやのまま入れます。

冷暗所に置き、漬け始めて3日間くらいは、1日1度瓶ごと左右上下に振って混ぜてください。

【食べごろ】 甘酢漬けは10日目くらいからお召し上がりいただけますが、3週間以降くらいからがおすすめです。


砂丘ラッキョウの産地鹿児島県産のらっきょう漬けレシピ!砂丘育ちのらっきょうは、シャキシャキで生食でも甘酢漬けでも美味しい!白い宝石と呼ばれる純白のらっきょうで美味しい季節を味わいましょう


らっきょうの甘酢漬け(本漬け)


【材料】
らっきょう・・・・・1kg 
(下処理用)
塩 ・・・・・・・・100〜200g、 
水 ・・・・・・・・400cc

(甘酢)
酢・・・・・・・・・500cc、 
砂糖・・・・・・・・250g、 
赤唐辛子・・・・・・2本程度

【作り方】
(下処理)
 〃擇水で砂を洗い流します。

△劼穏の部分と茎の部分をカットします。

薄皮を剥く作業ですが、流水でこすり洗いをすると、ある程度は取ることができます。ある程度薄皮が取れたら、

残っている皮を取り除きます。

らっきょうと塩をよく混ぜ、水を入れ押しぶたを軽くし、重石を(10日〜20日)しておきます。
(塩抜き)
 水道水を1〜2日程度流し、ラッキョウを噛んでみて、塩分がほとんどなくなり、歯切れがよくなるまで行います。

(必ず噛んでみてご確認ください。塩抜きが不十分ですと、とても辛くなってしまいますので、ご注意ください。)
(本漬)
 酢、砂糖を合わせてひと煮立ちさせてさまし、ラッキョウにかぶる程度に注ぎ入れます。


【食べごろ】 10日〜14日程度で食べられるようになります。

【保存】 1年程度は、おいしくお召し上がりいただけます。

砂丘ラッキョウの産地鹿児島県産のらっきょう漬けレシピ!らっきょう酢で作る簡単漬けや、本格的な本漬けレシピをご紹介



他にもこんなアレンジが♪


・赤らっきょうと一緒に漬け込むとほんのりピンク色に♪
・細かく刻んでタルタルソースに!
・刻んだ甘酢漬けらっきょうをドレッシングにしてトマトサラダなどにも!

ぜひ、色々お試しください!


らっきょう漬けの他にも、おつまみやご飯のお供など、お料理にもおすすめです!赤らっきょうを使ったお料理のレシピも、レシピページに掲載していますので、よろしければ参考にされてみてください!
「赤らっきょうで1品」レシピページは、ここをクリック!

14商品
14商品中 1 - 12表示