カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

さつまいもの簡単レシピーおかず編ー

さつまいものおすすめレシピ

畑のスイーツとも言われるさつまいも。
安納芋は鹿児島県種子島の特産品で小ぶりなサイズが特徴です。
形の不揃いなどで味には問題のないお得な送料無料の訳あり品などは、お料理におすすめ!
皮ごと料理に使って、余すところなくいただきしっかりと栄養を取りましょう!
【訳あり商品一覧】

〇訳あり安納芋(ご家庭用)も人気です!
形が悪い分、安価でご提供しています!味に変わりはないので、お買い得です!

訳あり安納芋(サイズ混合)1kg
訳あり安納芋(サイズ混合)3kg
訳あり安納芋(サイズ混合)4.5kg
訳あり安納芋(サイズ混合)9kg



〇紅はるかの商品一覧はこちら
〇シルクスイートの商品一覧はこちら
〇3種食べ比べセットもございます。


安納芋は水分が多く粘質で、焼くとねっとりとした食感になります。
生の状態でも糖度が16度程度と高く、時間をかけて焼くことで、糖度40度近くにもなります。
その焼き芋は、クリームのようになめらかな食感で、非常に美味であることから、
近年とても人気の高くなった品種です。

お料理に利用すると、食感や甘味も変わってきます。
じっくりと60分以上かけて糖度を上げることで、ねっとり食感が生まれます。
逆に、短時間で調理するとホクホクになります!もともとの糖度が他のさついもよりも高めなので、ほんのり甘みがあり、普段のお料理にふくらみが生まれます。
お芋の品種でも味わいや食感が微妙に異なりますので、自分のお好きな品種でお試しください!



さつまいもの旬の時期は?


さつまいもは、早いもので8月中旬頃から収穫が始まります。掘った直後は、でんぷん質が糖化していないため、さっぱりした味わいとよりホクホクした食感になります。
収穫後約3週間ほどで、でんぷん質が糖化し、糖度が上がります。
食べごろのおすすめ時期は、10月中旬頃から12月頃が一番おススメの食べごろです。さつまいもは寒さに弱いですが、気温10度以上を保ち、風通しの良い場所に保管していれば、長期保存が可能です。また、一旦焼き芋にすれば、冷凍保存が可能です。


栄養と効能


さつまいもはエネルギー源として優秀で、主食にもできる野菜の一つです。
また、でんぷんが豊富で、加熱してもビタミンCが損失しにくいという特性があります。
ビタミンCは、主にコラーゲンの形成を促し、タンパク質は肌をつくる働きがあるため、美肌効果が期待できると言われています。
また、腸の働きを活発にするヤラピンや、ジャガイモの約2倍も含まれている食物繊維がお腹の調子を整えてくれます。また、がん予防に効果があると言われている脂溶性のビタミンEが含まれています。


おすすめの食べ合わせ


免疫力を高めるビタミンCと、免疫抗体の原料となるたんぱく質は相性が抜群です。タンパク質と共に摂るのがおススメです。
天ぷらやかき揚げ、コロッケなどの揚げ物や、サラダなどもおすすめです。

焼き芋ももちろん美味しいですが、ぜひ焼き芋以外のおかずにもチャレンジしてみてください。
また、焼き菓子あどのスイーツ材料としてもおすすめです。ホットケーキミックスなどを活用し、簡単におやつが作れるので、お子様のおやつにもピッタリ!
さつまいもの自然な甘みで、身体にも優しく安心してお召し上がりいただけます。


■おすすめレシピのご紹介ーおかず編ー■


さつまいもとニンジンのかき揚げ



【材料】
さつまいも・・・適量(約150g程度)
ニンジン・・・・適量(約50g程度)
(衣)
☆小麦粉・・・・・・・大さじ5
☆片栗粉・・・・・・・大さじ2
☆冷水・・・・・・・・・100mL

【作り方】
1.さつまいもとにんじんを千切りにする。
2.ボウルに☆を混ぜ合わせて衣を作る。
3.1のサツマイモとニンジンを加えてあえる。
4.170℃の油で両面がきつね色になるまで揚げたら完成です!
  サクサクで甘くて香ばしい!おつまみやおかずにぴったりのかき揚げの出来上がりです!
   サツマイモだけにして揚げても美味しいです!


シンプルにお塩でいただくと、お芋の甘味が引き立って美味しいですよ♪



さつま芋のツナマヨサラダ

材料 (3〜4人分)

さつまいも(品種は何でもOKです)・・・約200g
きゅうり・・・・・1本
ツナ缶・・・・・1缶
玉ねぎ・・・・・4分の1個
マヨネーズ・・大さじ3
塩・・・・・ひとつまみ
塩・・・適量(きゅうりの塩揉み用)


【作り方】
1.サツマイモは皮を剥いて一口大の大きさに切る。耐熱容器に並べ、ラップをかけて600wのレンジで3〜4分程度加熱し、柔らかくする。(硬い場合は、追加で加熱してください)
2.きゅうりは薄い輪切りにし、少量の塩で揉みしばらく置いたら水で洗ってよく絞る。
3.柔らかくなったサツマイモを荒めに潰す。
4.玉ねぎを薄くスライスする。
5.2、3、4の材料と油を切ったツナ缶、マヨネーズ・塩(ひとつまみ)を混ぜ合わせて出来上がり。


サツマイモと鶏肉の甘辛バター醤油


材料 (2〜3人分)


さつまいも(品種は何でもOKです)・・・約200g
鶏もも肉・・・・・1枚
☆醤油・・・・・大さじ2
☆みりん・・・・大さじ1
☆酢・・・・・・・大さじ1
☆砂糖・・・・・大さじ1
バター・・・・・20g

片栗粉・・・少々
塩・・・・・少々
炒りゴマ・・・適量
【作り方】
1.一口大に切った鶏肉に軽く塩をまぶし、片栗粉を少しまぶして、フライパンでこんがりと焼き、一旦お皿に移す。
2.さつまいもは、2cmくらいの角切りにしたあと水にくぐらせ、電子レンジで3分ほど加熱する。
3.先ほどのフライパンにサラダ油(分量外)を熱し、2のサツマイモを少し焼き目がき、柔らかくなるまで焼く。
4.焼けたら、一旦取り出して火を止める。
5.フライパンに、バター半量(約10g)と、☆を入れ、取り出しておいた、鶏肉とサツマイモをフライパンに戻す。
6.中火で照りが出るまで炒めたら、火を弱め、残りのバター(約10g)と、ゴマを入れ、塩で味を整えて出来上がり!
27商品
27商品中 1 - 12表示