カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

甘夏 みかん

鹿児島県出水市産の甘夏

おひさまとくだものがお届けする甘夏は、鹿児島県の北部に位置する柑橘の産地「出水市産」の甘夏をお届けしています。
ツルの飛来地としても有名な出水市は、当店が位置する薩摩川内市とは隣り合わせの地域で、不知火海に面しており、海から反射する太陽の恵みや、温州ミカン発祥の地である長島町と近いこともあり、古くから柑橘栽培の盛んな地域です。
そんな、代々続く柑橘の産地、鹿児島県の出水市で育った甘夏(または紅甘夏)を、送料無料で全国へお届けいたします。

甘夏は、もともと夏みかんと呼ばれる柑橘から誕生しました。


甘夏とは?



甘夏は、”夏みかん(夏橙)”の枝変わりとして発見された柑橘で、品種名は”川野夏橙(かわのなつだいだい)”といいます。1935年(昭和10年)頃に大分県津久見市の川野氏の農園で、夏橙として栽培された中から早く収穫できる品種として発見されたため、川野夏橙(かわのなつだいだい)として1950年(昭和25年)に品種登録されました。
夏みかんに比べて酸味が少なく食べやすいのが特徴です。香りがよくてほのかな甘みの中に酸味があり、さわやかな甘酸っぱさが楽しめます。皮はかためで厚く、じょうのう膜(薄皮)も厚めで、重さは300〜400gくらいと少し大きめの柑橘です。


夏みかんは、温州みかんの仲間??


おひさまとくだものの店頭で、甘夏を販売していると、”甘いみかんなんですか?”とよく聞かれます
夏みかんはミカン科ミカン属ですが、温州みかんとは種類が異なります。
和名はナツダイダイ(夏橙または夏代々)とも呼ばれる柑橘です。

夏みかんは、実った果実を年を越して成らせておくと、翌年には、同じ木に前年と今年の両方の実が付いた状態になるそうです。その様子から代々続くという意味でも「夏代々(夏だいだい)」と名付けられたそうですよ。


みかんという名前から、”夏に食べられる甘いみかん”を想像してしまいますが、とても酸味の強い柑橘です。黄色く色づく秋ごろには酸味が強すぎて食べられないので、冬まで待って収穫し、貯蔵して酸を抜いたり、春先まで木成りで完熟させる事で酸が抜け食べられるようになり、初夏の時期に食べられるみかんと言う事で夏みかんと呼ばれるようになったそうですよ。


甘夏と夏みかんの違いは?


甘夏の元となる夏みかん(夏橙:なつだいだい)は、文旦系の柑橘で、1700年頃に日本で発生した歴史の古い柑橘です。

夏みかんは、甘夏と違い、生まれは山口県です。見た目は似ていますが、甘夏よりも酸味が強いのが特徴で、生食のほか、ジャムやジュースに加工されることが多いです。また、甘夏が発見されたことから、生産量は減少しています。
一般的には、夏みかんと言われていますが、正式な和名は「夏橙(ナツダイダイ)」と言います。

昭和30年頃から栽培が盛んに行われてきましたが、昭和40年代のグレープフルーツの輸入などによって大きな打撃を受け、その後も嗜好の変化により、生産・消費ともに減少の傾向にあります。

しかしながら、爽やかな酸味と、独特のスッキリとした苦みの中にもバランス良く甘味が楽しめるため、根強いファンが多いのも特徴の1つです。


甘夏と紅甘夏(べにあまなつ)の違いは?


紅甘夏(ベニアマナツ)は甘夏の枝変わりとして誕生し、甘夏に比べて、表皮の色がほんのり紅色(べにいろ)をしているのが特徴です。
果実の大きさや皮の厚みなどは普通の甘夏とほとんど変わりませんが、味は普通の甘夏に比べると少し甘さが強い傾向にあると言われています。



鹿児島ブランドとしての紅甘夏


鹿児島県では紅甘夏が特産品として扱われ、沢山生産されています。
特に、鹿児島県の北部に位置し、ツルの飛来地としても有名な「出水市」での栽培が盛んで、ブランド甘夏「出水の紅甘夏」として販売されています。
当店で販売している甘夏は、この出水市で長年栽培を手掛ける生産者さんの「甘夏」と「紅甘夏」を販売しています。

紅の濃い果皮とオレンジ色の果肉が特徴である鹿児島ブランドの紅甘夏は、一般的に収穫後2か月程度貯蔵し、糖度がのってから出荷されます。


甘夏の生産地


2015年の統計によると、甘夏の収穫量のうち最も多いのは鹿児島県で、次いで熊本県、3位が愛媛県です。
鹿児島県は、温暖な気候を活かした、甘夏の産地なのです。

甘夏は、酸味の強い柑橘のため、2月〜3月頃まで木に成らせたまま完熟させて「木成り甘夏(きなりあまなつ)」というものもあります。露地栽培の柑橘は、霜が降りると果実が傷んでしまうため、霜の前に収穫するのが普通ですが、甘夏は木に成らせたまま完熟させることで、また違う味わいが楽しめるのも特徴です。そのため、木に成らせている間、霜が降りない温暖な地域でしか木成り甘夏を収穫できないことから、比較的温暖な地域で販売されることが多い傾向にあります。






鹿児島県産甘夏の3つの特徴


温州みかん発祥の地とも言われる鹿児島県は、柑橘栽培がとても盛んな地域です。その中でも北部の海岸沿いは特に柑橘の産地で、山の斜面には柑橘畑があり山肌を黄色く彩っています。

ヽいらの太陽

日照時間は柑橘にとって、とても大切です。
太陽の光をたくさん浴びた柑橘は甘く美味しくなると
言われています。
鹿児島の北部海岸沿いで育った当店の柑橘は、
南国の太陽と海からの太陽をたくさん浴びた、
美味しい柑橘をお届けしています。

⊇藁の技

古くから柑橘栽培の盛んだったこの地域は、
栽培歴数十年のプロも栽培を手掛けています。
長年の経験が生かされた技術、またその技術の
継承によって、美味しい柑橘栽培に取り組んで
います。

F邱饉児島の温暖な気候

鹿児島の温暖な気候は、柑橘の栽培にとても適して
います。
温かい南国の太陽と風が果実に元気を与え、冬の
冷たい海風との寒暖の差が、より果物を美味しく育て
ます。


旬の時期は?


甘夏の旬の時期は、酸味が落ち着いてくる3月頃〜5月頃がおすすめです。


甘夏のおすすめポイント


爽やかな酸味と、独特のスッキリとした苦みの中にもバランス良く甘味が楽しめる柑橘です。
日中が厚くなってくる、春〜初夏にピッタリの爽やかな柑橘です。


甘夏の食べ方や剝き方


甘夏は、外皮が厚いため、ナイフで切り込みを入れてから剥くのがおすすめです。
またじょうのう(内側の白い袋の皮)も厚く硬いため、中の果肉果肉だけを出して食べるのがおすすめです。
種が多い柑橘ですので、皮を剥くときに取り除きましょう。

甘夏は酸味があるので、ジャムにおススメです。外皮をマーマレードにしても美味しいですよ。また果汁を搾ってゼリーなどにもおすすめ。そのほかにも、シロップ漬けなどにして、ケーキのトッピングなどにも使用できます。


甘夏はこんな方におすすめです


・スッキリした味わいが好み
・甘いものよりも、酸味や苦みがある柑橘(グレープフルーツなど)が好きな方
・炭酸が好きな方(甘夏スカッシュが簡単に作れて美味しいですよ!)
・お酒が好きな方(お酒の割剤としてもおすすめ)


おひさまとくだものからおすすめ(商品のご案内)



おひさまとくだものでは、鹿児島県産の甘夏を販売しています。
配送会社おまかせ配送で、全商品送料無料でお届けしています。

甘夏は酸味とほのかな苦みを楽しむ柑橘です。
甘夏がお好きな方には、スッキリ系の、日向夏サワーポメロ(かごしま文旦)スイートスプリングもおすすめです!
また、当店では、わずかですが、じゃばらも取り扱っています。じゃばらは花粉症が気になる方にもおすすめです!


甘夏の酸味が苦手な方には、温州みかんデコポンと同品種のしらぬいはれひめがおすすめです!
ただし、サワーポメロスイートスプリングは、完熟期になりますと酸味もなく食べやすいので、こちらもおすすめですよ!

4商品